プロフィール

カラカラ君

Author:カラカラ君
累計
本日
昨日
私はこんな人です。
皆さんの自己紹介はこちらでお願いします。

カテゴリー

同人

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/11/02 (Sun) 15:32
センター・オブ・ジ・アース

センター・オブ・ジ・アース


2ヶ月ぶりに映画を観ました。
冒険好きの人はお薦めの作品です。
子供でも楽しめる映画なので親子で観ることがお薦めかなww


アニメイトへ行きとある魔術の禁書目録のドラマCD発見!!
2500円(?)か~
悩みます。

OPのCDもほしい!!
小説もほしい!!

けど時間とお金がないOTL
スポンサーサイト

テーマ : 今日見た映画 - ジャンル : 映画

2008/08/25 (Mon) 00:25
映画「闇の子供たち」を見て

映画観ました!!
観ている人、おばちゃんやおっちゃんがほとんどでしたね。
若くても25ぐらいの人ばかりでした。
見た感じ勉強と仕事が充実しているって人がほとんど。
私みたいなヲタクタイプの人は誰一人いなさそうでした(汗

何度も映画館行ったことあるけれど、「来るところ間違ったかも」って思ったの初めて


映画の感想
男の人は是非とも観てほしい作品でした。
と言うよりも人間としての義務です。
中学や高校で性教育を受けてきましたけれど、教えてくれるのは性病のことだけで性犯罪にあった女性の苦しみとかは教えてくれません。

授業の雑談みたいな形で教えることはある。
だが教科書にはのっていない。
書いていても出会い喫茶やテレクラのことについての話のみ。

もう一つ大事なベクトルが抜けていると私は思います。

それと・・・。
女性には少し刺激が強すぎるかなって思いました。
漫画、アニメ、ゲーム、HP作り、小説これらに関係しているものを作っている女の子なら見る義務は半分あるかもしれない。
それとアダルト関係にいる女性たち
それなりに覚悟して見てほしいとは思う。

監督の挨拶のとき、30代半ばの女性がそれについての質問(クレーム?)があった。
どうも衝撃が強すぎてぐっときたみたい。
これが20代前半の女の子だったらもっときていたと思う。

この映画は15禁でもないので親子でも観れる映画です。
15禁にすべきであったかどうかの問題は正直難しいところだと思う。
監督の挨拶でも「どうするか悩んだ」とは言っていた。
親子で見た場合、こういう話がちゃんとできることを前提として親子でも見れる映画にしたみたい。

こういう考え方は女性から見て失礼かもしれないけれど絶対に人として知っておかないといけないことでもあるかね。


臓器移植。
移植を依頼した親。
自分の子供を思う気持ちは分かるけれど生きたまま移植された子供のことをもう少し考えてもらいたい。
自分の子供は一生人を殺して生きていることを背負わないといけない。
人の命をお金で買う。
残酷な世界だ・・・。
臓器移植のことについては女性や小さい子供も見てほしいです。

いらなくなったら子供をゴミ袋に入れて捨ている。
タイではこんな世界なのかな・・・。
日本では考えれれない。
実際は映画で起きていること以上のことが起きている。


少し心残りなのが舞台挨拶
私も質問すべきであったかなって思っている。
私のサイトの利用者にもタイの子供を性的虐待している人は少なからずはいると思う。
だってそれなりにきているもの・・・。

私にできることって何があるんだろう・・・
これに関しては長年悩んでいるけれど全くと言っていいほど答えが見つからない。
この映画の宣伝ぐらいしか本当にできないのかな・・・。
そのことについて聞いとけば良かったかも。
何もしなくて公開するよりも馬鹿にされて公開されるべきだったかもね。

テーマ : 私が観た映画&DVD - ジャンル : 映画

2008/08/07 (Thu) 22:01
これは人として観ないとな・・・

eiga01
子供の人身売子供の人身売買と幼児性愛…映画「闇の子供たち」の挑戦

闇の子供たちオフィシャルサイト

ーストーリーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本新聞社バンコク支局で、幼児人身売買を取材
する記者、南部は、日本人の子供がタイで心臓の
移植手術を受けるという情報を得る。知人に金を
握らせ、臓器密売の元仲介者に接触した南部は、
提供者の幼児は、生きたまま臓器をえぐり取られ
るという衝撃の事実を知る。取材を続ける南部は
、ボランティアの少女、恵子と知り合う。純粋す
ぎてすぐ感情的になる恵子に苛立つ南部だが、善
悪に対する感覚が麻痺している自分を恥じてもい
た。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こういう映画は一度観ておかないとね。
日本ではありえないことがタイでは現実に起きています。

人としてちゃんと考えてほしいものです。

ネットでこういう闇の取引がされている日本。
悲しい事実だ。
本当に大切なことを私のサイトで伝えたい。

テーマ : 映画 - ジャンル : 映画

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。